前へ
次へ

離婚裁判を行うメリット

夫婦というのは法律の規定により婚姻関係を持っていることを公的に認められているものであり、その関係性は

more

離婚裁判の流れを把握しておきましょう

協議や調停が成立しなかった場合、そのまま離婚裁判へ進むことがありますが、その場合はおおかたの流れを把

more

離婚裁判は費用と時間がかかります

離婚裁判は、法律に長けている弁護士が味方についてくれる点や、最終的に離婚できるなど、様々なメリットが

more

離婚裁判がこじれると面倒

出会いと別れは表裏であり、どちらも悪いことではありません。惹かれあった男女が同じ家に暮らし、子供を作り暮らしていったとして、互いの気持ちのすれ違いから別れて住むに至ったとしても、それは自然な話です。問題は、それまで二人で作り上げてきた財産がそれぞれの主張する権利に従い分配するにあたって、取り分の関係でこじれる時でしょう。話し合いだけで円満に離婚できるケースはほとんどありませんが、協議離婚でしっかりとした協議書を残している場合は、多少こじれてもそれを基準にして二人が財産を分配したり、親権を定めて子供と面会するなど明確な決まりができます。しかし、二人が明らかに互いを敵視した上で別れる場合は話し合いはこじれにこじれ、お互い自分が少しでも損をしないように主張をしだしますので話し合いどころではありません。その場合は公的な機関である裁判所に明確な取り決めをしてもらうことになり、離婚裁判が行われます。私の知り合いも20年連れ添いましたが、親権の関係でどうしても話し合いができず、最終的には家庭裁判所の判断にゆだねることになりました。彼は自分が子供を育てると主張しましたが、妻側があくまで譲らないと主張したので子供の親権は妻になりました。離婚裁判で結果的に自分の思う通りの取り決めができなかったとしても、それに従わねばならないのは少し残念ですが、子供や自分、相手の将来のこともありますのでしっかりした決めごとをしなければなりません。離婚裁判はこじれた二人が自分たちだけではお互いの今後のことを決められない場合、裁判所の決めた決まりごとに従うと約束する物で、なかなか自分たちだけでは離婚後のことまで決められない夫婦にとってはありがたいと考えることもできます。もちろん夫婦が別れないに越したことはありませんが、相手と自分の間でどうしても譲れない部分が出てきてしまった時には視野に入れておきましょう。ある意味で協議離婚よりもこちらのほうが納得できるケースもあります。

あらゆる搬送のベストパートナー日立重機設計
大変な荷物運び当社にお任せください

https://www.ssc-inc.jp/ssv-series/

高水準の顧客定着率を維持しております
長年ネット集客の経験を培ってきた専門家による最適なご提案が評価されております。

消費者行動の変化に対応できるツール
コントロールメディアは検索や比較・シェアなど新しく追加された行動にも効果を発揮するツールです。

自動車・航空産業のパートナー
測定技術に優れたBlum-Novotest K.K.が、お客様目線で業界を支えます

Page Top